アメリカ合衆国・トランプ大統領 別れのスピーチ(日本語訳)

President Trump farewell speech (video / text )
2021.1.19 Tue PM4:00
WhiteHouse ホワイトハウス
日本時間1月20日午前6時

日本語訳:織田哲司(よみがえる渡部昇一 出演)

国民の皆さん、4年前、我々は国家に関わる大変大きな取り組みを開始しました。その取り組みとは私たちの国家を立て直すこと、国家の精神に新たな息吹を吹き込むこと、そして国民に対する政府の忠誠を回復することでありました。

一言でいえば、すべてのアメリカ人のために、アメリカを再び偉大にするという使命に乗り出したのです。

アメリカ合衆国第45代大統領としての任期を終えるにあたり、我々が共に為してきたことに対して紛れもない誇りを胸に、私は皆さまの前に立ちました。我々は行うためにここへやって来たこと、そしてそれ以上のことを実行しました。

今週、新しい政権が発足しますが、アメリカが安全で繁栄し続けられるよう、祈っております。また、新政権の成功をお祈りしていますし、幸運を祈ります。“幸運” それは大変重要な言葉です。

はじめに、我々のとてつもない旅を可能にしてくれた素晴らしい人々に対してほんの一言、お礼の言葉を伝えさせて下さい。

まずは素晴らしいファースト・レディーのメラニアに対して、彼女の愛情と支えにとても大きな感謝の気持ちを表明したいと思います。
娘のイヴァンカとその夫のジャレド、そしてバロン、ドン、エリック、ティファニーとララへも深甚なる感謝の気持ちを披露させていただきます。これらの家族は私に光と喜びを注いでくれました。
さらには副大統領のマイク・ペンスとその素晴らしき婦人カレンとご家族の皆さまにもお礼を述べたいと思います。
そして首席補佐官マーク・メドウズ、ホワイト・ハウスの献身的な人々、内閣、そして政権の素晴らしい人々に対しても感謝を申し上げます。彼らは皆アメリカのための戦いに全身全霊をかけてくれました。

それから、間違いなくほかのどこにもいないような人々にもお礼を述べたいと思います。シークレット・サービスのメンバーです。私の家族も私自身もシークレット―サービスには一生恩に着なければなりません。
そして、ホワイト・ハウス警護室の皆さま、マリーン・ワンとエアフォース・ワンの運行チーム、米軍のすべてのメンバー、わが国のすべての州と各地の法執行機関の皆さまには深い感謝の意を表します。

なかでもとりわけ、アメリカ国民の皆さまにお礼申し上げます。
大統領として国民の皆さまに仕えることは、ほかに言いようのない光栄なことでした。この最高の特権を与えて下さったことに対し感謝を申し上げます。偉大なる特権と光栄とは、まさにこうしてお礼を述べさせていただくことにほかなりません。

決して忘れてはならないことです。それは、アメリカ人の間には異なる意見がたえず存在しても、我々は驚くべき、道義にかなった、信義に厚く、そして平和を愛する人々から成り立つ国家で、皆わが国の繁栄と成功と善を願ってやまない人々であるということです。なんと崇高なる国民でありましょう。

すべてのアメリカ国民は議事堂への襲撃事件に恐れおののきました。
政治的な暴力は、我々がアメリカ人として大切にしてきたすべてのものに対する攻撃です。決して許されるべきものではありません。今やこれまでにも増して、共有する価値観の周りに結集し、党派的恨みを乗り越えて立ち上がり、共通する運命に向けて突き進まねばなりません。

4年前、私はこれまで大統領選に勝利した本当に唯一のアウトサイダーとしてワシントンへやってきました。私は政治家として人生を過ごしたことはありませんでした。
そうではなく、広大な空に目を向け、無限の可能性を想像しながら、それを建設業者として半生を過ごしてまいりました。

私が大統領選に出馬したのは、アメリカには誰かが登ってくるのを待ちわびる、未知のそびえ立つ峰々が存在することを知っていたからです。
我々がアメリカを第一に考える限り、この国の潜在能力には際限がないことを知っていたからです。
だから私は、これまでの半生を捨て去り、大変困難な舞台へと足を踏み入れました。その舞台は大変に困難ではありますが、それでも正しく行われれば、あらゆる種類の潜在能力を備えた舞台であります。

アメリカは私に過分なるものを与えてくれましたし、私はアメリカに対して、何か恩返しをしたいと思いました。
そして国中の額に汗して働く数百万もの愛国者たちとともに、わが国の歴史上もっとも偉大な政治的ムーブメントを作り上げました。

また、世界の歴史上もっとも素晴らしい経済をも作り上げました。それはアメリカ・ファーストがあってこそのことでした。
何故ならば、我々はみんなアメリカが再び偉大になって欲しいと思っていたからです。

我々は、国家は市民に奉仕するために存在するという原則を取り戻しました。我々の課題は左派や右派にかかわるものでなければ、共和党員や民主党員にかかわるものでもありません。
そうではなく国家の善、つまり国民全体にかかわるものなのです。

アメリカの皆さんの支援と祈りのおかげで、誰もができると思っていた以上のことが達成できました。誰も目標に近づくことすら出来ないと思っていました。
アメリカの史上最大の減税と改革からなるパッケージ法案を通過させました。これまでのいかなる政権がなすことができなかった、仕事を奪う多くの数の規制の削減をしました。

穴だらけの貿易交渉も修理しましたし、おそろしいTPP(環太平洋パートナシップ協定)と、出来もしないパリ協定から脱退しました。
そして片務的な韓国との交渉を再交渉しました。
NAFTA(北米自由協定)を画期的なUSMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)に置き換えました。この協定はメキシコとカナダとの間で大変うまく機能しております。
それからもっとも重要なことですが、中国には歴史的な関税を課し、かの国とまったく新しい交渉を行いました。しかしそのインクが乾くまでもなく、アメリカと全世界は中国ウイルスに襲われました。

わが国の貿易関係は急速に変化しつつありました。何十億ものお金がわが国に流入していましたが、ウイルスのおかげで異なる方向へ目を向けることを余儀なくされました。
世界中がこのウイルスに苦しめられましたが、アメリカは経済的に他国を凌ぎました、これはわが国の驚異的な経済と我々が作り上げた経済のおかげです。経済の足元をしっかり築いていなかったら、このようにうまく機能しなかったでしょうし、これまで見たこともないような素晴らしい数字を目にすることもなかったでしょう。

我々はまたエネルギー資源を解き放ち、これまでで世界ナンバー・ワンの石油と天然ガスの生産国になりました。これらの政策に力を与えられて、世界の歴史の中で最高の経済を作り上げたのです。

雇用の創出に再び活気を与え、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック系アメリカ人、アジア系アメリカ人、女性、そして皆さんのおおかたにとって記録的に低い失業者数を達成しました。収入は上昇し、賃金は上向きました。たった数年のうちにアメリカン・ドリームは現実のものとなり、数百万もの人々は困窮から抜け出しました。これは奇跡でした。

株式市場は軒並み記録的な水準となりました。短期間のうちに148の銘柄で最高を記録しましたし、国のいたるところでこれまで懸命に働いてきた人々の退職金や年金を増額させました。401k(確定拠出年金)はこれまで見たこともないような水準です。パンデミックの後でも前でも見たこともないような数字を記録しています。

我々はアメリカの製造業の基盤を立て直しました。何千もの新しい工場が開設され、「メイド・イン・アメリカ」という美しい言葉を復活させました。働くご家族の生活をより良くするために、子供の税控除を2倍に増やし、子供の教育と成長のための資金をこれまでの最大規模へと拡大させるために署名しました。民間セクターとともに、明日の仕事を目指す1600万人以上のアメリカ人の職業訓練施設を確保しました。

あの恐ろしいパンデミックに襲われたとき、1種類ではなく2種類のワクチンを記録破りの速さで生産しましたが、すぐにもっと多く種類が作られることになっています。そんなことをできるわけがないと言われましたが、やってのけました。医療上の奇跡と言われます。まさに今、医療の奇跡と言われていることです。
ほかの政権ならばワクチンを開発するのに3年、4年、5年、いやおそらく10年はかかったかもしれません。しかし我々は9ヶ月で成し遂げました。失われたすべての命を悼むとともに、亡くなられた方々の思い出に思いを致しながら、この恐ろしいパンデミックがこれを機会にきっぱり一掃されますようお約束申し上げます。

今回のウイルスが世界の経済に対して残酷な損害を与えた時、我が国はこれまで見たこともないような速さでの経済回復をしました。
4兆ドル(約415兆円)近い経済支援法案を通過させましたし、5000万もの雇用を救い、支えました。そして、失業者の割合を半減させました。わが国がこれまで見たこともないような数値です。
ヘルスケアに選択の余地と透明性をもたせ、大手製薬会社に対し様々な方面で毅然と立ち向かいました。なかでも最恵国待遇の条項を付け加える努力を行いました、これにより世界のどこでも最も安い処方薬を手にすることができるでしょう。 退役軍人選択法、退役軍人説明責任法、未承認治療薬の試用権法、そして歴史的な刑法裁判制度改革の法案を通過させました。

我々は連邦最高裁判所の3人の新しい判事を承認しました。わが国の憲法を記述のとおり解釈するために300名近い連邦判事を承認しました。

長年にわたり、アメリカ国民は国境を最終的に確たるものとするようワシントンに請願していました。その請願に応え、国境をアメリカ史上最もはっきりさせたことをお知らせできるのは喜ばしいことです。国境を守る勇敢な役人たちと素晴らしい入国管理官たちに、これまで以上により良く業務を遂行し、法を執行し、アメリカを安全にするために必要なツールをお渡ししてきました。最強で最も堅固な策がなされている国境を、胸を張って次の政権に引き継ぎます。これらの中には450マイル以上にも及ぶ堅固な新しい壁のほかに、メキシコ、グァテマラ、ホンジュラス、エル・サルバドルとの歴史的な合意が含まれます。

国内ではアメリカの力強さを、そして国外ではアメリカのリーダー・シップを回復しました。世界は再び我々を尊敬しています。その勝ち得た尊敬を失わないでいただきたいと思います。

国連の場でアメリカのために立ち上がることにより、そして我々の利益に決してかなうことのなかった片務的なグローバル交渉から撤退することにより、我々の主権を取り戻しました。そしてNATO(北大西洋条約機構)の国々は、私が数年前に大統領に就任した時に比べ、いまや何十億ドルも多くのお金を支払っています。大変不公平だったのです。我々は世界のために代償を支払っていたのです。それが今や、世界が私たちを助けつつあるのです。

そしておそらくもっとも重要なことなのですが、3兆ドル(約311兆円)近くを使って、我々は米軍を完全に立て直しました。すべてはアメリカ製です。
75年のうちではじめて米軍の中に新しい軍隊を創設しました。宇宙軍です。昨年の春にフロリダのケネディー・スペース・センターに立ち、アメリカ人の宇宙飛行士が長い年月の末、はじめてアメリカのロケットに搭乗して宇宙へと戻っていく姿を目にしました。

我々は同盟を再び強固にし、世界の国々を糾合して中国に対して立ち上がらせました。これまでに決してなかったことです。
ISISのカリフを排除し、その創設者であり指導者であったアル・バグダーディの悪に染まった人生を終わらせました。
イランの圧政的な政権に立ち向かい、世界でもっとも残忍なテロリストで殺戮者であったガーセム・ソレイマニを殺害しました。
我々はエルサレムをイスラエルの首都として承認し、ゴラン高原に対するイスラエルの主権を認めました。大胆な外交と原則を伴なった現実主義の結果として、中東における一連の歴史的な合意を成し遂げしました。そんなことが起こるだろうとは誰も思いもしませんでした。アブラハム合意は暴力と流血ではなく、平和と調和のある未来への扉を開けたのです。 それは新しい中東の夜明けです。我々は米軍兵士を祖国に帰還させつつあります。

私がとりわけ誇りに思っているのは、この何十年もの歴史の中で、私は新しい戦争を一つも始めなかった初めての大統領であるということです。

何よりも我々は大変崇高な考えを取り戻しました。
それは、アメリカでは政府は国民の皆さまに応えるという考えです。高貴であり、普通の生活をするアメリカ国民に仕えるために我々はここにいるということが、我々を導く光であり北極星であり、揺るぎない確信であります。

特殊な利益団体やグローバルな団体ではなく、我々の子供たち、市民、そして国家そのものに対して我々の忠誠があるのです。

大統領としての私の最優先事項、私の絶え間ない関心は、アメリカの労働者と家族への最大の利益をもたらすことでありました。安易な道を選ぶことはありませんでした。
実際のところ、それはこれまでで最も困難なことでした。最も批判が少ないであろう道を選ぶことはありませんでした。厳しい戦い、大変困難な戦い、大変難しい選択に取り組みました。
何故なら、あなた方が私をそうするために選んだからです。あなた方が求めることが、私の最も重要かつ屈することのない関心事でありました。これらは、我々の最も偉大なる遺産であることを望んでいます。

我々は共に、国民の皆さまが再び国家に対する責任を負うようにしました。自らの政府を取り戻したのです。 アメリカでは何人も忘れ去られることがない、何故なら皆が関わり、皆が声を持つからです。このような考えを取り戻しました。

すべての市民が等しい尊厳、等しい待遇、そして等しい権利を与えられる資格がある。何故なら我々は皆、神により等しく創られているからであります。この原則を勝ち得るために我々は戦いました。

誰もが敬意をもって待遇され、自分の声に耳を傾けてもらい、そして政府に自分の声を届かせるという権利を与えられているのです。あなた方は国家に対して忠実であり、我々の政権はいつもあなた方に対して忠実でありました。

我々は、すべての市民が素晴らしい仕事を見つけ、その素晴らしい家族を支えることができる国を作るために働きました。すべてのアメリカ人が安全でいられるようなコミュニティーを、すべての子供たちが学べるような学校を作るために戦いました。
法が支持され、英雄が尊敬され、歴史が大事にされ、法律を守る人々が決して当たり前のことと思われない文化を促進させました。
我々が共に達成してきたことすべてに対して、アメリカ人は深い満足を覚えてよいと思います。まったく素晴らしいことです。

今、ホワイト・ハウスを去るにあたり、我々すべてが共有する貴重な遺産を脅かす“危険”について頭に思い浮かべてきました。
世界で最強の国家として、アメリカは海外からの絶え間ない脅威と挑戦に直面してきました。しかし我々が直面する最も大きな危険は、我々自らに対する信頼を喪失すること、国家の偉大さに対する信頼を喪失することです。
国家とは、その精神が強くあってこそ、初めて強くなるものです。我々はその自尊心に活力があってこそ、初めて活力が生まれるものです。我々の心の中で鼓動する自信があってこそ、我々は活力でみなぎることが出来るのです。
その価値観、歴史、そして英雄に対する自信を喪失した国家は、いかなる国家も長く繁栄することはできません。何故ならば、これらは我々の団結と活力の、まさに源泉であるからです。

過去の偉大なる挑戦に対して、我が国が打ち勝つことをいつも可能にしてきたもの。それは我が国の気高さと歴史の中での、我々独特の目的に対する揺るぎなき、そして恥じることなき確信でありました。

我々は決してこの信念を失ってはなりません。我々は決してアメリカを信じることを諦めてはなりません。国家の偉大さに通じる大切な道は、我々が共有する国家のアイデンティティを維持し、教え込むことにあります。
つまり、我々が共通にもっているもの、我々皆が共有する遺産に関心を寄せることです。この遺産の中核をなすものは自由な表現、自由な言論、そして開かれた議論に対する確固とした信念でもあります。

我々が誰であるのか、我々がいかにしてここへ到達したのかを忘れてしまった場合にのみ、政治的検閲とブラックリスト化がこの国に入り込む余地を与えてしまうでしょう。そのようなことが起こったとは考えられないことです。自由で開かれた議論の口を閉ざすことは、我々の中核をなす価値と、これまで維持されてきた伝統を破壊します。

アメリカでは絶対的に意見を合わせることや、厳格なる正統性を強要したり、懲罰を伴なう発言規定にこだわることはありません。我々はそんなことをしないだけです。アメリカは、人の言いなりになる精神が寄せ集まった臆病者の国家ではありません。そのような人々は、意見を異にする人々から保護される必要があると考えます。そのような人々は、我々アメリカ人ではありませんし、決してアメリカ人ではありえないでしょう。

250年近くの間、あらゆる挑戦に直面しながら、アメリカ人はいつも比類なき勇気と信頼と、激しい独立の気概を奮い立たせてきました。これらの精神は驚くべき特性であり、このために、かつて何百万もの普通の市民が草木の生い茂る大陸横断行へと出発し、広大なる西部で新しい生活を形作るよう導かれたのです。
我々の兵士たちを戦場へ、そして宇宙飛行士を宇宙へと駆り立てたのもこれとまったく同じで、神から与えられた自由を深く愛する精神でした。

過去4年間を振り返ると、ほかにも増してある一つの光景が頭に浮かびます。
私の車列が移動する時にいつでも、何千人もの人々がいました。彼らはご家族と共に出てきて、我々が通り過ぎる時に沿道に立ち、偉大なる星条旗を誇らしげに振ってくれました。私をこれほど深く感動させることはありませんでした。人々は単に私への支援を示すだけのために沿道へ出てきてくれたわけではないことを知っていました。我が国への支援と愛情を私に見せるために出てきてくれたのです。

これが誇りある人々の共和国なのです。彼らは共通の信念によって一つに結ばれています。アメリカはすべての歴史の中で最も偉大なる国家であるという信念によって。

我々はいつでも全世界に対する希望と光と栄光の国ですし、そうあらねばなりません。これは貴重な遺産であり、我々がいついかなる場所でも時でも、守らなければならないものなのです。

過去4年の間、私はただそれだけのために働いてまいりました。
リヤドにあるイスラム指導者たちの大きな広間から、ワルシャワにあるポーランドの人々の大きな広場まで、韓国議会の広間から国連総会場の演壇まで、それから北京の紫禁城からラシュモア山にいたるまで、私はあなた方のために戦ってきました。あなた方のご家族、そして我々の国のために戦って参りました。とりわけ、アメリカとそれが象徴しているものすべてのために。つまり安全で、強く、誇り高く、そして自由であるもののために。

今、水曜日の正午に新しい政権に権力を渡す準備をする中で、皆さんに知っておいていただきたいことがあります。
それは、我々が起こしたムーブメントはまだ始まったばかりだということです。
これまでそれに似たものは何一つとしてありませんでした。
国家は市民に奉仕しなければなりません。
この信念は衰えるどころか、その代わりに日ごとにますます強くなっていきます。

アメリカ人が心の中に、国家への深くて献身的な愛情を持ち続ける限り、その限りにおいて、この国が成し遂げられないものなど何もありません。
我々のコミュニティは栄えるでしょう。
我々の人々は栄えるでしょう。
我々の伝統は大事にされるでしょう。
我々の自信は揺るがないでしょう。
そして我々の未来は、これまでにも増して輝くでしょう。

私はこの壮麗なる場所から立ち去りますが、忠誠心と喜びにあふれた心、楽観的な精神、そして最高の信念をもって立ち去ります。
我が国と子供たちのために最良の時はまだこれから訪れるという信念とともに。
ありがとう、そしてさようなら。
あなたに神のご加護がありますように、
アメリカ合衆国に神のご加護がありますように。

(織田哲司 訳)
Japanese translation by Testuji Oda
President Trump farewell speech (video / text )


<こちらもトランプ大統領の名演説>
2019.9.24 第74回 国連総会におけるアメリカ合衆国ドナルド・トランプ大統領の演説 (日本語訳)